ことわざ について語ろうシリーズ。

何を隠そう僕は ことわざについてそこそこ詳しい(笑)
ことわざってのは「石の上にも三年」とかそういうやつです。
別に知る必要は全くないし、さしたる役にもたちません。

ですが、その意味からは物凄く思考が広がり面白いのです。

ではシリーズ第一回のことわざは
船頭多くして船、山に登る
です。 あまり聞き慣れないことわざではないでしょうか?

意味は 「何人か人が集まったとしてリーダーばかりだと話がまとまらず その船、、団体は あらぬところに向かってしまう」という意味です。

ここからいつものドヤった自分語りに入らせていただくと 僕はリーダーシップはとりません。 なぜなら このことわざの通りだからです。 

よくていのいい言葉でみんなの意見を聞いてといいますよね。

聞く必要なんかないんです。

それはリーダーが部下に嫌われたくないから都合よく予防線張ってるだけですw

確固たる自信と明確な意思をもってごり押しすることがリーダーには必要です。

もちろん意見を聞くことは大事。でもその意見を検証もせず
そこに流されたり みんながゆうならそうしよう、、みたいなタイプは本当のリーダーとは違う気がします。

僕が人との争いが面倒だからそんなタイプ。w
で、どうしても 我を通すと 相当キツイ言葉で責め立ててしまうので僕は(>人<;)

もう一つこの、ことわざから僕が非常に大事な事を学び実行してる事があります。

盛り上げる人がいる所では喋らない。
会話を絶対にかぶせない。

プライベートでも仕事でもそうです。

十分に盛り上がってる会話に無理矢理入る、、俺の方が詳しい!とドヤ顔でかぶせる。
気持ちはわかるんですけど、これが本当にいただけない。
だから団体行動は難しい

みんながみんな俺が!俺が!トークをすると話は中身のない なんかやかましかった話でしかなくなります。

めちゃくちゃわかりやすいんですけど店でオーナーなりスタッフなり会話してるところに僕まず入りません。
それが得意分野であってもです。

ましてや、一組のお客さんにオーナー喋る、スタッフ喋る、そこに僕もくわわる、、こんな接客は最悪やと僕は思ってます。

その一組しかいなくても!です。

僕は別に人見知りでもなければ喋らない人でもありませんよw
{97ABE306-2607-4C26-B084-8581F0693A82:01}


他にお客さんがいるなら論外。
お客さんは従業員の暇つぶしの相手ではありません。

まともな感性のお客さんはお店の人が喋ってる合間にオーダーするのも気をつかうものです。 

、、やはり素人の文章書きは話の論点がズレてきますね(笑)
違う話になってきたのでこのあたりの話はまた今度( ´ ▽ ` )ノ


否定も歓迎 肯定も歓迎
BAR88hideでした。
駄文にお付き合いいただきありがとうございます(>人<;)