以前Facebookでも書いた事があるのですが、ブログでも書こうかな。

僕の中で「笑い」とはなんなのか?

それはキッチリとした会話ができること。
そこからを感じること。
もちろん必殺技的に 動きや下ネタを投入してもよい。

なんでもない会話の中に機転をきかして言葉だけで笑わせる。

別に爆笑じゃなくてもいい。

それにはタイミング 言い方 声のトーン 雰囲気 いろんな要素がいると思います。

そんな事を考えてるとやはりといいますか
この四人は外せないのです。

あっちなみに僕は全然お笑い詳しくないですm(__)m

ビートたけし
{B52071F7-48BD-4DA7-90E1-1EB58651B8EB:01}
お笑いの画像じゃねーから!コレwww

必殺技を繰り出すタイプではありますね。
仮装や着ぐるみをきて めちゃくちゃするw

雰囲気ができあがってる。
最近若手の芸人が車をネタで壊してひんしゅくかってましたが、この男なら問題ないでしょうw
さんまが免許とったとき新車を運転してぶつけまわったりw
加藤の新居の壁に穴をあけたりw

それはダメでしょ!みたいなことをやれる人、やってほしい人。許される人。

ご覧の通り映画はもちろん トークの基礎、持ってる思想がしっかりしてるので何を喋らせても熱いしまとめられる。
だからこそ無茶苦茶してもいいのです。

明石家さんま
{86E02062-3D64-4C64-9ABD-5D21A2EDB9EE:01}
老若男女問わず 盛り上げることができるのではないでしょうか?
画像のような くだらないシャレですら場を面白くできます。
人の会話をもとに綺麗に丁寧に話をひろげてとにかく笑わせる。盛り上げる。
ご長寿クイズ 
恋のから騒ぎ 
などに見られる局地的なターゲット層でも
見ていて実に面白い。
多数をまとめあげる力も持ちながら
さんまのまんまのようなタイマンも当然こなせる。
本当に面白い人ってこうだよなと思います。

タモリ
{38F26F79-02B0-43AC-832E-E4E266F6902B:01}

え?
タモリの何が面白いの?
若いノリ、お笑いに対する考え方によってはタモリはここには入らないでしょう。
爆笑は絶対にない。
トークにおいてさんまが最強の矛ならタモリは最強の盾

笑っていいとも
ミュージックステーション

ここまで様々な畑違いな人と無難に絡める人はそうそういないでしょう。

かと思えば
ボキャブラ天国
タモリテレビ
などでは非常にマニアックな笑いを繰り広げます。

芸人とはどこかマニアックであるべき。
ワーっとでてギャハハハと笑わせるだけなら誰にでもできます。

所ジョージ
{98CD934E-FF0F-431B-8424-6B38082650D9:01}

この人よくわからないですよねw
何かとクリエイティブだけど たけしみたいに派手に映画を作るわけではない(音楽はしてますね)
さんまのように攻めきるわけでもない
タモリほど凡庸性もない

日本列島ダーツの旅
なんて、下手したら相当つまらんですよw

あの ほのぼのとしたなんでもない感じを面白い感じにできる。

よくわからない人です。
金髪メガネのチャラすぎる外見とは裏腹に実に家庭的な優しい笑いを作り出す。
お茶の間安定タイプなのかもしれません。


さて、「お笑い」について
冷めた男が語るとなると
どうしても僕はベタすぎだけどこの四人は外せなかった>_<

明日はこれを踏まえて もう少し踏み込んで「お笑い」について書こうと思います。

多分三回連続ぐらいやります。
「笑い」には詳しくない癖に うるさい めんどくさいやつなんでw

否定も肯定も大歓迎
どなた様も笑ってよろしく
休職中BAR88hideでした。