人間生きてりゃ色々あるわけで
僕の友人で ベッキーみたいな友人がいる。



好感度抜群でみんなの中心で
なにをするにもひっぱりだこ、、


だった。

ひょんなことから 好感度はガタ落ちし
いろんなところへ飲みにいってたのも行きづらくなったりしてた。

理由は様々かもしれないけど
信用をなくしてしまった
のかな。

実は僕はそのへんのいきさつは
人づてにしか聞いていなくてキチンとはわからないのだけれど
あいつはダメだよ
だなんて 聞くことも少なくなかった。

本人もそんな中
生きる希望も目的も気力も
ぼんやりとしかなかったという。

僕は いつも通りに店にきた友人を
お客さんとして 対応するだけだった。

環境が明らかに変わってしまったことに触れることもなんとなくできず
他愛もない話をするだけ。

そんな友人に 新しい出会いがあり
それをきっかけに奮起していると 聞く。

もはや それすらも叩かれるような状態。


でも 僕は そんな友人を応援しようと思う。

自業自得かもしれないけど
打ちのめされて 人を失くし 居場所を失くし それでも 前を向いて歩き出した、、。

過去は変えられないから やっぱり
叩かれる。陰口もいわれる。

それはそれで仕方ねーじゃん。

でも 僕は応援する。

僕の目が捉える その友人は
やはり悪ではないのだ。

男女関係は全てを曇らせてしまう
判断も鈍らせてしまう

だから僕はつまんねーから つっこまない。

それでも人は人を愛したり寄り添ったりする。そんなことは好きにすればいい。

なんや、、ひでくん あんなやつに構ってるんか、、

そんな意見もまた正しい。

僕は結構 ありがたいことに味方もいる方だけど わかってもらえない虚しさもわかる。

ちっぽけなファンファーレだけど
僕はその友人へ贈りたい。

ちゃんとせーよ!(笑)